おすすめ更年期対策

 

更年期からはじめるオススメな対策は?

 

みなさんは更年期対策うまくいっているでしょうか?
働くのが大好きでついつい無理してしまっている方や、ストレスのケアがうまくできていない人に多いようです。
更年期の症状というのは、基本的には女性ホルモンの分泌量や自律神経のバランスが崩れることでおきます。
更年期サプリは女性ホルモンのバランスに働きかける商品が多いので、いわゆる40代50代の更年期の方以外にも効き目があるのではないかと思います。
不規則な生活やストレスで苦しんでる方は、もしかしたら更年期サプリが役に立つかもしれません。
もちろんサプリだけ飲んでいればいいというわけではなく、日ごろの無理を減らしていくことや、ストレス発散の為に運動や趣味に力を入れるのも大切です。
更年期サプリには沢山の商品があります。更年期サプリランキングのようなサイトで
評判をチェックしてみてどの商品が一番良いものなのかしっかり選んで更年期の悩みから解放される日がくるといいですね。

 

本サイトでは更年期サプリや医学療法以外の方法「恋愛による更年期対策」をご紹介します。

 

恋のパワー? 恋愛が更年期に効果アリ

 

更年期障害はホルモンバランスの乱れが原因としてあるのは更年期に悩む方なら
みなさんご存知の通り更年期サプリや更年期障害を軽減する医学的療法等色々な方法がありますが実は「恋」も更年期に効くそうですよ。
恋愛のやり取りの中でカラダから女性ホルモンが分泌されるようになるというものです。

 

更年期サプリ,ランキング,症状,評判,ホットフラッシュ

 

 

 

恋のホルモンその1 フェニルエチルアミン

 

フェニルエチルアミンは恋愛ホルモンの代表的な物質の一つといわれており脳の中で性的な興奮や快感に関係する神経伝達物質です。
簡単に言えばイケメンやかわいい人にあった時にドキっとなるときにフェニルエチルアミンが分泌されるということです。
後は好きな異性と手をつないだり抱きしめ合ったりするスキンシップやセックスの過程で分泌されます。
ドラマのかっこいい俳優さんや女優さんに憧れたりときめいたりするのも効果がありそうです。
所謂「あの人のことばかり考えて食事も喉を通らない・・・」というような状態はフェニルエチルアミンによって恋で高揚する感覚をコントロールしようとしているようです。
夜も眠れないだとかちょっと目が合ってもドキドキしてしまうようなのも当てはまります。

 

フェニルエチルアミンには肌をキレイにする効果があるといわれています。この物質に含まれる健康効果として食べた食事の消化促進や便器解消等の効果があるようです。
消化促進と便秘解消の効果によりお腹がすっきりしやすくなるだけでなく肌荒れが解消されたり肌そのものの調子がよくなったりすると考えられています。
フェニルエチルアミンは食欲を抑える効果もありますから食事そのものの摂取カロリーを抑えることでカロリー過多による肌荒れを予防することもできます。

 

フェニルエチルアミンの分泌を促すのは実際に恋愛をする以外でも想像上での仮想の恋愛でも分泌されることがわかっています。
既にご結婚されていたりお子様がいて恋愛が難しい環境であればテレビに出てくるイケメンやアイドルにときめいたりするのがいいでしょう。
ときめくだけで更年期サプリや医療に頼ったりせずに更年期対策ができたらこれ以上楽な方法はないですね。

 

恋のホルモンその2 エストロゲン

 

ときめくことで出てくるエストロゲンは更年期サプリや医療の業界内でも更年期障害の諸症状を予防するとしてエストロゲンを増やす方法が紹介されています。
エストロゲンはまたの名を美人ホルモンとも呼ばれておりエストロゲンはキレイを目指す女性とってはいつまでも必要になる女性ホルモンの一つです。
老化に伴ってエストロゲンは減少していくことは避けられないのですが恋によってエストロゲンが分泌されることが老化を遅らせるとも言われています。

 

アメリカに住む1500組以上の夫婦を対象に10年間行われた調査によるところでは1週間あたりのセックスの回数が4回以上の夫婦は
4回以下の夫婦と比較して最大で12歳程見た目に若さの差があったありセックスがエストロゲンの分泌を促進したと言われています。
愛情のあるセックスによって得られる幸福感に伴ってビタミンDとエストロゲンの分泌が活発化すると言われています。
年齢を重ねてもパートナーとセックスが出来ていると老化や肥満そして美肌効果や体調不良のリスクを大きく下げてくれる効果があると言われています。
あくまでもセックスが大事というわけではなくてときめきが大事だとも言われています。女性は恋に落ちると綺麗になると言われていますがエストロゲンがが関係しているのでしょう。
パートナーがいない場合においてもフェニルエチルアミンの項と同様に仮想恋愛でも同じく効果があると言われています。

 

エストロゲンには肌が綺麗になる効果の他にもバストアップやヒップの形を整えてくれたり女性らしいカラダに近づくと言われています。
更年期対策としても役に立つ期待できるホルモンの一つです。

 

恋のホルモンその3 ドーパミン

 

更年期対策としてケアしにくい精神的な問題がありますがドーパミンはあなたのやる気や何かをする意欲と集中力に関わる神経伝達の物質です。
更年期障害による憂鬱な気分やうつ病の方はドーパミンの分泌量が足りていないことが原因となっているといわれています。
ドーパミンが少なくなると不安を感じやすくなったりやりたいと思っていたことに対する意欲が失われたりしていきます。
ドーパミンは恋愛以外にも好奇心を刺激するような物事に出会ったときにも分泌されると言われます。
新しいことに挑戦したり行ったことの無い場所に旅行でいってみるといった行為でもドーパミンが発生するそうです。

 

 

恋のホルモンその4 オキシトシン

 

女性が求める癒しや愛を司るといわれているホルモン物質のオキシトシンは恋のホルモンを代表する一つです。
オキシトシンは性に大きく関わっているとされており妊娠出産や授乳といった女性の営みに関係しているようです。
オキシトシンは安心したりリラックスする感情を強める力があり血圧の上昇を抑えたりストレスホルモンの分泌を下げる力があります。
痛みに我慢する力や勉強や仕事での学習の効率があがる作用もあるといわれています。
オキシトシンの分泌を維持する良い方法としてあるのが「日頃のスキンシップ」です。
手をつないだり抱き合ったりキスをすることがオキシトシンを分泌させて安心感や幸福感につながると考えられています。
パートナーとのスキンシップが恥ずかしいという気持ちがあっても思い切って抱きしめたり手をつないだりしてみましょう。
オキシトシンが更年期で起こるイライラを予防してくれるかもしれません。

 

 

恋愛は幸せな人生に必要不可欠

 

4つの恋のホルモンを紹介させていただきましたが如何でしょうか?
はっきりいえることは更年期と言われる40代から50代こそ恋愛の力が必要であるということです。
「40代になって今更恋愛なんて・・・」と思ったりしない方が健康な人生をおくれる可能性が高いのです。
結婚したパートナーの良いところを見直したり新しいことを一緒にはじめてまた恋に落ちたりするのもいいでしょう。
パートナーなんていない!とか期待できない!という方はアイドルのファンになるのも更年期対策としてうってつけです。
更年期対策は決して更年期サプリや医学療法だけではありません。
恋愛のドキドキやときめきそして妄想で更年期を楽しく乗り越えていきましょう。